山形県選挙管理委員会
期日前投票ってなに?
お住まいの市町村の期日前投票所を知りたい方はこちら
(衆議院議員総選挙における県内の期日前投票所一覧(PDF))

1 期日前投票制度のあらまし

「期日前投票制度」とは?
  選挙は、選挙期日(投票日)に投票所において投票することを原則としていますが、期日前投票制度は、選挙期日前であっても、選挙期日と同じく投票を行うことができる(つまり、投票用紙を直接投票箱に入れることができる)しくみです。

投票対象者
  選挙期日に仕事や旅行、レジャーなどの用事があると見込まれる方です。投票の際には、宣誓書兼投票用紙等請求書を提出していただきます。

投票期間(土・日も投票できます。)(※)
  10月11日(水)〜10月21日(土)

投票場所
  各市町村に一箇所以上設けられる「期日前投票所」です。(※)

投票時間
  原則として、午前8時30分から午後8時までとなります。(※)

投票手続
  基本的な手続は選挙期日の投票所における投票と同じです。

選挙権認定の時期
  選挙権の有無は、期日前投票を行う日に認定されます。

期日前投票所が複数設けられる市町村では、それぞれの期日前投票所によって投票期間や投票時間が異なることがあります。

このページの先頭へ


2 期日前投票の対象者

選挙期日に仕事や用務があるなど、一定の事由に該当すると見込まれる方です。

自営業 日曜日に営業する自営業の方 妊婦 妊娠などの理由で投票日に投票できない方
冠婚葬祭
冠婚葬祭の予定のある方   旅行 旅行の予定のある方

投票の際には、上記事由に該当すると見込まれる旨の宣誓書の提出が必要となります。


期日前投票の際には、投票所入場券をご持参ください。なお、入場券が届いていない場合は、投票所の受付係に申し出ていただき、ご本人と確認できれば、期日前投票ができます。

選挙期日には18歳を迎えるが、選挙期日前においては未だ17歳であり選挙権を有しない方などは、期日前投票をすることができません。例外的に名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会において不在者投票をすることができます。
このページの先頭へ




トップページに戻る

 
山形県選挙管理委員会HPトップ